トップ > スキルデータ > モンク | 関連スキル → アコライト モンク 修羅

[2015/02/26更新] 
HPtopへ 

●スキル-チャンピオン(RR対応済)

▼スキルリスト▼

スキル名Lv系列前提スキル略記
・練気功アクティブ Lv1戦闘能力増加効果付与爆裂5
・猛虎硬爬山アクティブ Lv1-5近接物理ダメージ鉄拳7, 気功5
・伏虎拳アクティブ Lv1-5近接物理ダメージ猛龍3
・連柱崩撃アクティブ Lv1-10近接物理ダメージ伏虎2


▼スキルデータ▼

アクティブ Lv1! 練気功
習得条件モンク[爆裂波動]Lv5
操作方法[スキル選択] のみ
系列戦闘能力増加効果付与範囲自分

[]効果[]
自分に気弾を最大数付与する。
気弾付与では、[気功]による気弾付与と同じく、Atk追加および気弾消費スキルが使用可能な状態になる。

スキル使用時詠唱は、敵からの被ダメージによって中断される。
付与される気弾の効果は、[気功]の気弾効果と同じ。[気功]ではスキル使用1個ごとだったのが、本スキルで最大数同時付与のお手軽スキルとなった。
[練気功]では、モンクやチャンピオンまたは通常修羅の状態で最大個数5個が付与される。[潜龍昇天]状態では、状態中の最大個数6〜16個(スキルLv依存)が付与される。最大数は仕様に従い[気功]習得Lvに依存すると思われるが、前提スキルとして[気功]Lv5が含まれているためどの習得者も最大個数5個付与可能である。
[気功],[練気功]による気弾付与中での再使用では、気弾の持続時間を上書きする。
[練気功]による気弾付与状態は、持続時間の経過によって解除される。
[練気功]による気弾付与状態は、気弾消費スキル使用によって消費した分解除される。
[練気功]による気弾付与状態は、リログ・マップ移動(サーバー移動)によって解除される。

LvLv1
追加Atk3 * 気弾数
持続時間(秒)
(分)
600.0
10.0
変動詠唱時間(秒)2.0
スキルディレイ(秒)なし
消費SP20
2015/02/24各項目検証。

アクティブ Lv1-5! 猛虎硬爬山
習得条件モンク[鉄拳]Lv7 ,[気功]Lv5
Lv調整可能
操作方法[スキル選択] → [対象キャラ選択]
系列近接物理ダメージ範囲敵1体

[]効果[]
敵1体に一定時間後近接物理ダメージと遠方へノックバックを与える。
スキル使用には[爆裂波動]状態でなければならない。

[猛虎硬爬山]では、対象指定時にスキルディレイが発生し、SPを消費する。指定2.0秒後にダメージとノックバック効果が発動する。このダメージ発動時にも別個のスキルディレイを発生する。SPの追加消費は発生しない。
[猛虎硬爬山]では、ダメージ待機時間中も追加[猛虎硬爬山]使用が可能。待機中の敵にも追加してダメージ・ノックバックが可能。
[猛虎硬爬山]では、ダメージ発動時の使用者から遠方方向へノックバックする。
[猛虎硬爬山]では、Fleeミス時も遠方へ3セルノックバック発生する。
[猛虎硬爬山]では、ダメージ発動時に対象との間を移動不可セルで阻まれるとダメージが発生しない。その場合でもノックバックは発生する。

ゲーム内情報では「攻撃した後1秒後、ダメージを与え〜」とあるが、2.0秒程待機時間がある。

LvLv1Lv2Lv3Lv4Lv5
スキル倍率3.04.05.06.07.0
ノックバックセル3
効果待機時間(秒)2.0
射程セル3
変動詠唱時間(秒)なし
指定時スキルディレイ(秒)0.5
発動時スキルディレイ(秒)0.3
消費SP246810
2014/03/13各項目検証。

アクティブ Lv1-5! 伏虎拳
習得条件モンク[猛龍拳]Lv3
Lv調整可能
操作方法[スキル選択] + [対象キャラ選択]
系列近接物理ダメージ範囲敵1体

[]効果[]
コンボスキル。
[猛龍拳]固有ディレイ中に限り発動し、指定敵1体に近接物理ダメージを与える。ダメージと共に一定確率で敵に硬直状態を与える。
スキル使用には気弾1個を消耗しなければならない。

習得後は[猛龍拳]固有ディレイが追加される。
[猛龍拳]発動後にスキル選択で発動する。[猛龍拳]から通常攻撃に切り替わる直前の一瞬のタイミングで、敵を選択しながらスキル選択すると発動する。スキル選択押しっぱなしでも発動可能。
[伏虎拳]は、[猛龍拳]のFleeミス,ダメージ0ミスによるダメージが通らなかった場合でも発動する。
[伏虎拳]は、気弾消耗前に攻撃計算を行い、消耗分の気弾Atkがダメージにのる。
硬直状態では敵を移動不可にする。敵Mobからの攻撃は行われる。PvPマップなどの敵プレイキャラへの硬直でも移動不可にし、通常攻撃・スキル攻撃・アイテム使用は可能。
硬直持続時間中の[伏虎拳]使用では、硬直時間を上書きする。
硬直の成功率・持続時間については以下のとおり。
硬直成功率(%) = 10 + スキルLv * 10

硬直持続時間(秒) = スキルLv * 2.0 - (対象Agi) * 0.05
(※)(一般フィールド)硬直持続最低保障時間:6秒
(※)(PvP)硬直持続最低保障時間:3〜4秒

(※)BaseLv102時検証。BaseLvによって変動ありとの情報あり。また対象ステータスにより僅かに増減する模様。
硬直持続時間が最低時間を下回った場合は最低時間だけ硬直する。少なくとも硬直持続最低時間はつく。
ボス属性モンスターにも硬直効果があるが、一般モンスターより拘束時間が短い。ただし拘束持続最低保障時間は変動しない。詳細不明。


ゲーム内スキル説明によれば、[三段掌][連打掌][猛龍拳]全ての発動後にのみ使用可能とあるが、[三段掌]もしくは[連打掌]直後の[伏虎拳]発動は不可。それら全コンボを決めた後と解釈すべきか。

LvLv1Lv2Lv3Lv4Lv5
スキル倍率1.42.43.44.45.4
硬直成功率(%)20%30%40%50%60%
硬直持続基本時間(秒)2.04.06.08.010.0
射程セル2?
変動詠唱時間(秒)なし
共通ディレイ(秒)なし
消費SP4681012
消費気弾1
2015/02/10〜2015/02/13, 2015/02/17各項目検証。

アクティブ Lv1-10! 連柱崩撃
習得条件チャンピオン[伏虎拳]Lv2
Lv調整可能
操作方法[スキル選択] + [対象キャラ選択]
系列近接物理ダメージ範囲敵1体

[]効果[]
コンボスキル。
[猛龍拳]固有ディレイ中または[伏虎拳]発動直後に限り発動し、指定敵1体に近接物理ダメージを与える。
スキル使用には気弾2個を消耗しなければならない。

習得後に[伏虎拳]固有ディレイが追加されることはない模様。また[阿修羅覇凰拳]習得後このスキルに固有ディレイがつくこともない。
[猛龍拳]または[伏虎拳]発動後にスキル選択で発動する。発動前提スキルから通常攻撃に切り替わる直前の一瞬のタイミングで、敵を選択しながらスキル選択すると発動する。スキル選択押しっぱなしでも発動可能。
[連柱崩撃]は、発動前提スキルのFleeミス,ダメージ0ミスによるダメージが通らなかった場合でも発動する。
[連柱崩撃]は、気弾消耗前に攻撃計算を行い、消耗分の気弾Atkがダメージにのる。
[連柱崩撃]発動後、爆裂波動状態かつ気弾が1つ以上残る状態で対象選択しながらスキル選択で[阿修羅覇凰拳]が発動する。タイミングは[連柱崩撃]発動直後。固有ディレイがないのですぐ入力しなくてはならない。この[阿修羅覇凰拳]では気弾とSPを全て消失する。

LvLv1Lv2Lv3Lv4Lv5Lv6Lv7Lv8Lv9Lv10
スキル倍率5.06.07.08.09.010.011.012.013.014.0
見た目のHit回数(※)1122334455
射程セル2?
変動詠唱時間(秒)なし
共通ディレイ(秒)なし
消費SP46810121416182022
消費気弾2個
(※)実際のダメージはスキル倍率で計算した値からHit数分割し、さらに小数点以下切捨て、算出した値をHit回数与えている。
2015/02/14各項目検証。


天安門事件 六四事件